*日々の些細な出来事*


by SAKURA-TALK

<   2004年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ヘロヘロ~

仕事が一件ようやく終わりました。
すぐ終わる予定だったのに、予定の三倍かかっちゃった…。
連続不眠48時間とかいうやつですね。
徹マンでもそんなに頑張れないわ。

今夜は虎バン(関西ローカル)に矢野が出てた!
男前やわ、やっぱり。
とかいう私は赤★ファンなので、実は矢野は守備範囲外。
なぜ★ファンかというと、うちの年チケがバックスクリーン横で、
いつも目の前に★がいるからなのねん。
★(センター)と金(レフト)が子供のように(※ココ、間違い)
キャッチボールしてる姿は絶品よー。彼らは仲良しだ。
でも、ほんまに素敵なんは桧山なんだけど(バランスがいい)。
そんなこんなでオジサマの名刺ばかりがたまっていきますよ。
虎応援団の人は、援団の名刺を持っているのです(笑)。
もらってあげなきゃ彼らのアイデンティティが揺らぐしね。

そんなこと言いつつ、賞味期限が丸2日も切れたパンを
こんな夜中にむしゃむしゃ食べていますよ、この女。
自分的に3日前から時間が進んでないんだけど、
オカシイなぁ……賞味期限は切れて無い筈だぜー?
な気分で、取り敢えず食べちゃうことにしました。
証拠隠滅しちゃえばいいよ!って感じです。
実はもう、眠過ぎて味もよく分かんない……(´・ω・`)

この週末は、家のもろもろで料亭で会食…(ナゼ…)。
ちょっと親族が集まるとなると、ホテルの宴会場か
料亭の広間を取らないと入りきらないのねん、人間が。
そういうわけで、この週末も売れないパフォはお休みです。
ホテルからインできそうだったら試してみますね。
[PR]
by Sakura-talk | 2004-11-22 01:38 | 日々の出来事

ドラフト

うちの球団は15才の子を取ったらしいよ!
この子は高校野球に興味はないの?
っていうか、近所の子らしいよ!
インタビュー見たけど、どう見ても
15才には見えないんですけどー…。


ようやく年間指定席の案内も来たけれど、
今期(来期か?)は球界再編に振り回されました。
例年ならもう振り込んでるからねっ!
うちの球団は年チケ買ぉとかな入られへんねん。
何時間も並んだり、朝からローソン走ったり、
そんなんもう出来へんワ! 根性ないねん。
[PR]
by SAKURA-talk | 2004-11-20 00:10 | 野球+スポーツ

流行語

今年の流行語、なんで「栄光への架け橋だ!」とちゃうの?

伸身の新月面が描く放物線はぁ…栄光への架け橋だ!

最高やと思うんやけどね。
彼、カッコよかったよね。あの緊張感が堪らん。

流行語大賞になると信じて疑っていないのでした。



【11/19  3:45  以下を追記】

アテネオリンピックでの体操男子団体は凄かったね。

最終演技者の伸身新月面というのは着地が前方回転なので、
どちらかというとぴたっと止まるのが難しい……。
まぁ、あれだけクルクル回ってちゃんと立つんだから
それだけで十分に驚愕なんだけど。

後方宙返り系の方が、着地点が目視できるから
実は成功率が高いのですよ。こんなのは常識なんかな。
もちろん鉄棒に限ったことではなく、床でも跳馬でも同じ。

それにしても彼らは人間じゃないね。素晴らしい。
[PR]
by SAKURA-TALK | 2004-11-17 23:46 | 日々の出来事

ん?

なんかよく分からないけど、このブログって、
お×ん×君と桜本人ぐらいしか
見てないんじゃないかという気がしてきた……。
いや、彼も3~4日に1回見てる程度だと思うけど、
アクセス数の相当数を占めているに違いない。

今週は多忙です。
来週も。
たぶん来月末まで。
来年頭も忙しいと思う。
[PR]
by SAKURA-talk | 2004-11-16 05:40 | 日々の出来事

名前

次の免許の更新までには法務局に行きたい…

というのも、実は桜はなんかの法律のせいで、住民票を移した時に名前の漢字を変えられてしまってですね……。そんなバカなと思うでしょう? 私も最初はっていうか、ありえないと思いましたよ。でも、二年半前に免許の更新にいったら、しっかり変えられてました…。そこから桜の「偽造ですか?」「本人ですか?」「そんなヨタ話…(by.警官)」という、無意味に他人や警官や金融機関で疑われる生活が始まったのです。
もう何回も地震地震と言ったので言いたくないのですが、住民票を移したのも地震のせいなんで書きます。地震で自宅が全壊したので、三宮で仮住まいしてました。区が変わったのですよ。で、四年経ってようやく自宅が再建できたので、住民票を戻しました。その四年の間に法律ができていたのです、人の名前の漢字を勝手に変えやがる法律が!
今でこそ、出生届はデジタライズされていて、使えない漢字とか創作漢字は端から弾かれるありがたい仕組みになっているのでしょうけど、当時は手書きだったのか、届けてきたものをそのまま受理していたらしいのです。うちの父は、学はあっても詰めが甘い。届け直前、「最初に決めていた名前では画数が悪いから、できれば旧字にした方がいい」という祖父(@坊主)の助言に素直に従った父は、相変わらずの詰めの甘さで適当やらかしました。


娘の名前を「ぜん(禅)」にしたかったとして、祖父が旧字の「禪」をすすめた。
ここでミラクル発生、よく調べなかったらしい桜父は、左側だけを旧字に。
「示」+「単」で「示単」という漢字を創作し、おまけにそのまま受理された。
ああ、有り得ない、有り得ない、有り得ない。

そんなこんなで、桜(源氏名)の名前の漢字はこの世に存在しない字なのです。中国人とか韓国人とかで日本に無い漢字というわけじゃなく、父親の創作だったから。
で、調べてみると、漢字として無い筈の字って、人名(特に姓)ではよくあるらしいのです。草冠が「廾」ではなく「十」になってる藤原さんとかね…。
で、これは私の勝手な推測なのですが、「オンラインのコンピューター管理が普及して、手書きじゃないと書けない人名はやり辛いから、全部を汎用な漢字にしちゃえ」みたいなことになり、法律を作っちゃったんじゃないかなぁ……。で、引越や結婚で住民票や戸籍を変えたり移したりする人を対象に、どんどん変えていったんじゃないかなぁ。

迷惑。本当に迷惑。

驚いちゃったので、区役所の窓口で文句言ったんだけど、窓口の事務屋さんが対応できる問題じゃなくて、法務局に行け…と。もちろん行っても変えられた漢字は戻らなかったけどね。結局、どうしてそうなったのかは分からないけれど、私の名前表記は旧字の『禪』(仮名)ということに。せめてどっちにしたいかぐらい聞いてくれても…。
それから2年ぐらいで免許の書き換えで、免許証の漢字までもが変えられた(どうやら戸籍のデータと免許更新センターのデータは連動しているらしく、私は「自分の字(父親の創作漢字)」で出したにも関わらず、「あんたの字は『禪』ですよ。嘘の申請はやめて下さい」とか言われた)。
そして前述の「偽造ですか?」「本人ですか?」「そんなヨタ話…(by.警官)」という、無意味に他人や警官や金融機関で疑われる生活に突入。
そりゃあ、「渡邉」「渡邊」「渡辺」を全て一括して「渡辺」にしようという法律に引っ掛かっちゃったんだからね。いや、「渡邉」も「渡邊」も変えられる対象にはなっていないと思うけど、そう考えると傲慢で勝手な法律だと思いませんか?

いや、まぁ、桜なんかろくな人間じゃないからいいですよ。都度都度なにか疑われても、その時に不快なだけだから。でも、弁護士や医師、薬剤師、会計士などなど、社会的に責任があったりする職業の人は、その職業の免許と戸籍が違うと困るんじゃないのかなぁ。
で、そういう人から突き上げ食らったのか、「元に戻せる」法律ができました! 実質、他人の名前表記を勝手に変えやがる法律って、2年ももたなかったんじゃないかなぁ。もしかしたら、元に戻せる法律ができたんじゃなくて、無かったことになったのかもしれないけど。
そういうわけで、次の免許更新までに法務局に行って名前を元に戻したいのです。このままじゃ銀行で新規口座の一つも作れないゼー。だって、元に戻したら、作った口座を解約したりする際にまた本人かどうか疑われるわけですよ。そういうところ、金融機関のチェックも厳しくなってますからね。
免許と本人の書く字が違ったり、通帳の表記と身分証が違ったりすると、「偽造団の一味」とか、「身分証が偽造」とか、「犯罪用の口座を他人の身分証で作りに来た」とか、そういうわけの分からない疑いをかけられます。いや、正しい疑問なんだけど、「これは法律が変わって私の字を変えられて…」とか説明しても、その法律がメジャーじゃないから銀行から通報されたりします。口座の残高が大きかったりなんかすると一発です。

そういうわけで、できればあと一年ぐらいで法務局に…と思っているわけです。
この法律のことに詳しい法曹界の人、いませんか? うちの弁護士にも聞いてみたんだけど、畑違いだと知らないみたいですねー。調べてくれとも言いづらいし。
[PR]
by SAKURA-TALK | 2004-11-14 03:11 | 日々の出来事

仕事の予定

今日は仕事の日程が本決定した!

ああん、待ちに待っていたよー。
常に半年先半年先でやってるので、とっとと決まらないと動けません。
ファッション業界もたぶんこんな感じの筈だ。

でー、常に三つ四つやってるのねー。
とっても不安定ですが、楽しいのは楽しいです。

仕事の内容に関しては明かしませんので聞かないで下さい。


ライブチャットの方も、せっかくまた始めたのに、
なかなか待機すらできない状態です。
桜と話したいと思って下さっている方がもしもいらっしゃったら
本当に申し訳ないです。いるかどうかは知らんが。
まぁ、売れないパフォだから大して問題あるまい。
[PR]
by SAKURA-TALK | 2004-11-13 19:16
みてもいいんじゃない?

むしろ越えてみせようじゃないの。



おやすみ。
あかん、そろそろ本気で仕事が佳境や。
[PR]
by SAKURA-talk | 2004-11-12 00:45 | 日々の出来事

友達の家の鍵がなぜか私のバッグの中に入っていた……。

メールすると、「次に会う時まで預かっておいて」だと。
いいのか、そんなで。
かなりの資産家さんなのに、泥棒に入るぞーっっっ!



それはそうと、新潟の被災地が毎日毎日テレビに映るので、家人と阪神の時の話をする機会が増えました。なんかさー、桜一人の情報って、やっぱり少ないんだなぁと思う。母には母の、父には父の、単独行動の時に見聞きした出来事があるらしい。
したら母がいきなり泣き出してねー…。なんでも友達のことを思い出したらしい。母の友人は地震で息子さん(当時ぎりぎり未成年)を亡くして、今も精神障害が残ってるそうですよ。なんでも、棺が確保できるまで、避難所で息子の遺体を背負って過ごしていたらしいのですね。3日や4日じゃないですよ、1週間とか10日とかいう長い間です。ようやく火葬の順番が回ってきても、まともな葬儀なんてできる筈もなく、なんと合同葬だったそうです。人間ですよ? 犬や猫じゃないんですよ? なんかこういう話を聞くと、はっきり言って現代社会じゃないと思う。そりゃあ気も狂うわ。
当時の神戸って、誰が可哀相で誰が不幸なのか分からなかった。私は自分もかなり可哀相な方だと思っていたけれど、それは単に「普通の生活」と比べたらの話で、可哀相で気の毒で一緒に泣かずにいられない人は手を伸ばせばいくらでも触れられるぐらい溢れていた。そういうの、経験しないと分からないんだろうと思う。内閣や国会との温度差を感じずにいられないのはこういう点だ。
水が出ないとかガスがとか電気がとかいうのは、ただ単に不便なだけで、実際には大したことではない。だって、かつて百年前は井戸で水を汲んでいたのだから。学校だって、1ヶ月やそこら行かなくても問題ないだろうと思う。食事だって、同じものばかりで飽きても、餓死することはない。そんな風に嫌な見方をしてしまう桜は本当に嫌な奴だ。

クリックするだけで新潟に募金できるサイト
 >>> http://bokinpark.com/index.html
[PR]
by SAKURA-TALK | 2004-11-11 18:30 | 日々の出来事

可愛い人

先日の「可愛い」の続きです。


ようやく来てくれた陸のK察さんが現場検証をしてくれました。国家権力が来たからか、トラックの運転手はまた傲慢になりました。彼の証言では、どうやら車線変更をしようとしていたトラックと歩道の間に「桜が」後ろから入り込んだせいで、単車とトラックが接触したらしいのです。どんな作り話やねん。でも、さすが陸のK察、水上K察とは経験値が違います。アスファルトに残ったタイヤの痕と自己申告のスピードで、色々と計算してくれました。その結果、トラックの長さや走行スピードから検証して、「単車はトラックが車線変更を始めた時には、トラックの全長の中間ぐらいの場所を平行して走っていた」ことが証明されました。ざまーみろ!
まぁ、桜も怒られました。なんせ軽く80キロは出ていましたから(苦笑)。
するとうちの父親がかなりキレてしまいましてですね、K察の方々に止められる始末。Kのお兄さんに父は身分証の提示を求められ、桜と本当の親子であることが分かり、堂々と口出しができるようになりました。どうやらトラックの運転手が、「あの小娘がややこしい奴らを呼びやがった」と言ったらしい。ここでもうちの父はKにヤー公認定されていたらしい。まぁ、そんな感じでいいです、別に、似たようなも…(略)。キレて見せたのも演技なのだけど(父はとても冷静な人なので、この程度のことでは感情の起伏はありません)、Kのお兄さんたちや運転手は本気で死人が出ると思ったらしい。後になってKのお兄さんから聞きました。
ゴタゴタしてる父と運転手を横目に、K察から許可を得た父の部下たちは単車をワゴン車に乗せて去っていきました。この当時、単車屋さんは取りに来てくれませんでしたからね、大渋滞だから。六アイまで来てたら往復で5時間以上かかって、1日が潰れてしまいますから。
そんなこんなしていると、トラック本体に接触した右の足が痺れてきました。病院に行きたい旨を伝えると、Kがパトカーで連れて行ってくれることになりました(救急車には「すぐには行けません」と断られたのです。大震災の影響がまだ色濃いです)。なぜパトカー…と思いつつ、揉める父と父の部下sとK察と運転手を現場に残し、そろそろ帰るという水上K察にお礼を言い、六甲アイランド唯一の総合病院に行きました。この時点で午後6時30分。案の定、外科医はいませんでした……。残っていた看護婦さんが冷たく一言、外科医がおりませんのでお引き取り下さい。ああ、やっぱりぃ。すると、桜を連れて行ってくれたKのお兄さんがキレました。「あなた方は怪我人が目の前にいるのに応急手当の一つもしないのですか!」と。カッコイイー……。


また後日に続いてもいいですか? すいません…。もう眠い…。
[PR]
by SAKURA-talk | 2004-11-10 22:11 | 昔話

メールと電話

あーん、もう、時期のせいか、仕事のメールと電話が
ひっきりなしですよー、もう。
ようやくちょっと落ち着いたけど、今日の正午から夕方は
いったい何人と…ってぐらいやりとりしました。
しかもあんまり芳しくないのね。
年末進行がぁーもぉー目の前ですよー。

疲れたからもう寝たいな。寝てもいいですか。
仕事を残したまま寝ていいですか?
ってか、寝ます。もう寝ます。寝ます。寝ます。おやすみ。
[PR]
by SAKURA-talk | 2004-11-09 22:38 | 日々の出来事